賃貸の火災保険を見直したら半額以下になった!!

保険

こんばんは、オオカミです。

本日は保険をテーマにお話したいと思います。

その保険でも特にマイナーな賃貸用の少額短期保険についてです。

首都圏の賃貸では加入していることが多いと思う賃貸用の火災保険についてです。

 

  • 賃貸用の火災保険は絶対に決められた保険じゃないといけないの?
  • 賃貸用の火災保険はそもそも必要なの?
  • 賃貸用の火災保険で損しないためにはどうしたらよいのだろうか?

疑問

このような疑問にお答えします。

今回の記事を書くきっかけ

今回の記事のきっかけはオオカミの家に一通の封筒が届いたことが始まりでした。

それは今回の賃貸用火災保険の更新の封筒でした。

金額は2万円でちょっと高いなと思って調べると実は8千円で十分だったことがわかりました。

つまり何も知らないと不要な保険に入ってしまいお金を捨てることになります。

ちなみに不動産会社に価格交渉をしたところ

不動産会社は火災保険は一律20,000円ですと意味不明な対応をしてきました。

入居者が独身でも、子持ち夫婦でも同じ保険を提案しているようです。。。。。

情報の非対称性を利用して、入居者が高額な保険を払っているのが現実です。

ちなみに問い合わせをした不動産会社の社員は、14,000円の火災保険に加入していました。

不動産会社では一律20,000円でしか加入できないのに、社員は他社で15,000円で加入していると。保険の内容もよく理解しておらず、話になりませんでした、、、

一体代理店の意味があるんでしょうか?

不要な保障がついた保険を一律で入居者に加入を促す代理店なんて存在意味はありません。

単純に金儲けのために代理店をしてるんじゃないのかなと思いました。

このように入居者を無視した対応をする不動産会社の代理店の権利はなくしてほしいですね。

20,000円を節約するため頑張りました笑

 

賃貸用の火災保険とは?

火災保険と聞くと一戸建ての家が入るんじゃないか?と思う人も多くいると思います。

厳密には火災保険ではなく損害保険のようで、ピンとこない保険です笑

少額短期保険というレアな保険なので不明な点が多いです。

賃貸用の火災保険は、一般的な火災保険とは意味合いが少し異なります。

万が一大家や同じアパートに住んでいる人に損害を与えた場合のリスクを回避するための保険になります。あとは自分の家財を守る目的もあります。

↑の説明だと???だと思います。

具体的に説明します。

大家さんに損害を与える場合

大家さんに損害を与えた場合の保険金を借家人賠償責任保険金といいます。

例えば洗濯機が故障し水が漏れてしまい、部屋中が浸水したとしましょう。

フロリーングも壁紙も柱も全てダメになります。電気系統もすべてショートしてしまい大掛かりな工事が必要となりました!!

全部取り替えです!!

この場合原状復帰のための工事費は莫大になります。

そのため賃貸用の火災保険でカバーします。

この保障は大家さんのためです。

同じアパートに住んでいる人に損害を与えた場合

損害を与えた場合の保険金を個人賠償責任保険金といいます。

簡単に言うと他人に損害を与え、損害賠償を求められたときの保険金です。

水漏れや火災で他人の家財に損害を与えてしまった場合は、原因を作った本人に損害賠償がいきます。

自分の家具ならどうなっても多少は許せるけど、人様の家財だといくらになるかわからないですね。

この保障は同じアパートに住んでいる人のために入ります。

この保障は損害保険の特約として加入している場合もあるので、損害保険に加入してる場合は保険証券を一度見直してみましょう。

自分の家財を守る

自分の家財を守るための保険金を家財保険金といいます。

この保障は自分の家具や電化製品等が火災等で壊れてしまった際に、役立つ保険です。

高級な家財があれば必要かもしれませんが、自分のための保険なのでオオカミはあまり必要性がないと思います。

 

賃貸用の火災保険はどうやって選べばいい?

賃貸用の火災保険の選び方ですが、ズバリ必要最小限で加入するのがおすすめです。

賃貸用の火災保険の保障を3つ上げましたが、本当に必要なのは2つだけです。

  1. 借家人賠償責任保険金
  2. 個人賠償責任保険金
  3. 家財保険金

さてどれが必要でしょうか?

本当に必要な保険は

  1. 借家人賠償責任保険金
  2. 個人賠償責任保険金

この2つです。

この2つの保障は大家さんと他人のために加入します。

保険に入る目的は?

保険に加入して、お金を捨てる目的を考えてみましょう。

保険は自分のために加入するのではなく、リスクを回避するために加入します。

簡単にいうと人様に迷惑をかけたときの安心を得る目的があります。

自分の支払い能力を超えたら支払いができないというリスクが存在します。

このリスクを合理的に回避するために保険に加入します。

そのため、保険の本質から考えると必要な保障は借家人賠償責任保険金、個人賠償責任保険金だけです。

自分の家財なら多少は我慢できますが、大家さんや他人への損害を与えてしまうと逃げることはできません笑

家財保険金はよっぽどのお金持ちしか必要ないのではと思います。

1000万円の絵画とかを飾っていれば話は別ですが、、、、、

賃貸用の火災保険を見直した結果

不動産会社に聞きまくり、グーグル先生にいろいろ教えてもらいました。

不動産会社曰く、借家人賠償責任保険金と個人賠償責任保険金がある程度あればいいとのこと。

 

見直し前

保険料 2年間で20,000円(不動産会社指定)

  • 家財保険金 約500万円 →高すぎ 保障が厚すぎる
  • 借家人賠償責任損害保険 約1,000万円
  • 個人賠償責任保険 約1,000万円→少なめ

家財保険金高すぎです!!見事にぼったくられました。こんなんでよく代理店ができますね笑

 

見直し後

保険料 2年間で8,000円

  • 家財保険金 約100万円→家電は中古だからこれでオーケー
  • 借家人賠償責任損害保険 約2,000万円→増額
  • 個人賠償責任保険 約10,000万円→増額 安心できます

見直しをした結果保険料は半分になり、保障は倍になりました。

ヤッターwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

不動産会社は一律20,000円でやってるので適当ですね。

手数料目当ての保険を入居者にサインさせています。

今度更新がある人は、火災保険を自力でリサーチすることをおすすめします。

まとめ

  • 賃貸用の火災保険は絶対に決められた保険じゃないといけないの?

→要件を満たせばどの会社でもオーケーでした。不動産会社に聞いてみることをおすすめします。

よほどのことが無い限り、選択の自由はあると思います。

  • 賃貸用の火災保険はそもそも必要なの?

→大家さんへの賠償を考えると必要だと思います。損害が発生するリスクは存在するので、加入しておいたほうが安心です。

  • 賃貸用の火災保険で損しないためにはどうしたらよいのだろうか?

→本当に必要な金額を把握して、自分で調べるのが一番です。不動産会社が代理店だとインセンティブが存在し、高額な保険となります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の保険はそんなに大した金額ではありませんが、お金は大切なのでリサーチしました。

節約は稼ぐのと同じですからね。

 

こちらの記事はあくまでも参考程度でお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました