Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の取引口座を調べてみた!!

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)

こんにちは、オオカミです。

引き続きAnzo Capital(アンゾーキャピタル)について調べていこうと思います。

  • Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の取引口座はどんな口座があるの?
  • 取引口座は何が違うの?
  • 使い分けはどうしたらいいの?

疑問

このような疑問にお答えしていこうと思います。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の取引口座

取引口座自体は2種類あります。

  1. スタンダード口座
  2. RAW口座

この二種類が存在します。

RAW口座のRAWは生のまま、という意味なのでスプレッドが狭いという意味だと思われます。

この口座の違いは主に手数料とスプレッドです。

こちらをご覧ください

スタンダード RAW
最低保証金 10,000 10,000
レバレッジ 最大500 最大500
スプレッド ロースプレッド ロースプレッド
スプレッド形式 変動 変動
最小取引サイズ 0.01 0.01
ロスカット 20% 20%
手数料 無し 720円(1lot)

(公式サイトより引用)

スプレッドはRAW口座よりスタンダード口座が狭く

RAW口座では1lotあたり720円相当の手数料が発生します。

それ以外に違いは特にありませんでした。

最低入金額や取引量においては同一の条件でした。

手数料はどれくらい違うのか?

数字だけではわかりにくいので、実際に掛かる取引手数料を調べてみます。

実際の表示はこの様になっています。

↑スタンダード口座

↑RAW口座

スクリーンショットは同時には取れなかったので、値が少しずれていますがスプレッドはおおよそ正確です。

それぞれをまとめるとこのようになります。

1lotあたりの手数料 スタンダード RAW 手数料 実質スプレッド(RAW)
EURUSD 1.4 0.3 0.72 1.02
USDJPY 1.6 0.5 0.72 1.22
GBPUSD 2.1 0.8 0.72 1.52
GBPJPY 2.0 0.9 0.72 1.62

RAW口座では720円の手数料が発生するので0.72pipsとして計算しました。

手数料を考慮しても、RAW口座のほうが取引コストが安い傾向ですね。

ただしスプレッドは常に変動するものなので、絶対に取引コストが安いとは言い切れません。

口座はどうやって使い分ける?

取引面のコストで言えばRAW口座がおすすめです。

取引金額や取引条件はスタンダード口座とほとんど大差がなく、RAW口座でも十分使いやすいと思います。

低スプレッド+固定の手数料で取引コストが安く抑えられます。

スキャルピングなど取引回数が多い人はRAW口座にするといいです。

取引回数の少ないスイングトレードをするタイプであれば、スタンダード口座でも問題ないです。

実際に両方とも使ってみて、どちらがいいのか決めることをおすすめします。

スタンダード口座のメリットが若干少ない気がしたので、分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

  • Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の取引口座はどんな口座があるの?

→スタンダード口座とRAW口座の二種類があります。

  • 取引口座は何が違うの?

→RAW口座はスタンダード口座に比べスプレッドが狭いですが、一定の手数料が必要です。

  • 使い分けはどうしたらいいの?

→取引コストで考えればRAW口座が有利です。

最後までありがとうございました。

↑よろしければここから口座開設してくれると嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました