Anzo Capital(アンゾーキャピタル)は法人口座が最短2営業日で開設可能です!!

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)

こんにちは、オオカミです。

今回はAnzo Capital(アンゾーキャピタル)での法人口座開設について解説します。(ダジャレじゃありません笑)

  • Anzo Capital(アンゾーキャピタル)での法人口座開設はどうやるんだろう?
  • 法人口座を開設するのに必要な書類はなんだろう?
  • 法人口座開設をするのにどれくらい時間がかかるのだろう?

疑問

このような疑問にお答えしていこうと思います。

FXの法人口座を開設する意味は?

節税効果(経費の幅が広がる)

そもそも法人口座を開設する意味についてですが、節税効果があるからです。

個人と法人では税制がなかり異なっています。

個人では経費に認められる範囲や税率が高く設定されており、節税が難しい現状です。

一方、法人では経費に認められる範囲が広がります。

家賃や人件費など個人ではなかなか認めてもらえない場合があります。

税制については必ず専門家等にご相談ください。

具体的な申請方法

次にAnzo Capital(アンゾーキャピタル)での法人口座の申請方法について解説します。

個人の口座開設とは異なり法人口座の開設はちょっと複雑です。

申請方法

ホームページ上には法人口座の申込みフォームは存在しないので、

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)のカスタマーに対してメールで法人口座の申請を行う必要があります。

メールで申請をすると必要書類が添付され返信が来ます。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の書式

法人口座開設申込書
・取締役会の決議

(pdf10ページくらいあります)

自分で準備する書類

・身分証明書(免許証、パスポート等)
・現住所証明書(住民票、公共料金請求書等)
・商業登記簿謄本
・会社登記事項証明書(設立して1年以上経っている場合のみ必要)
・定款
・在職証明書、もしくは(公式の国 家機関が発行した)担当役員一覧が記載された公式文書
・会社の銀行明細、公共料金請求書、地方税証明書 などの公的書類(過去3か月以内に発行されたもの)

結構なボリュームがありますね。

法人口座になるので仕方ないです。

法人口座と個人口座の条件の違いはあるのか?

カスタマーに問い合わせたところ特に口座の条件の違いはないとのことです。

 

そのため、スプレッドが狭いRAW口座も法人名義で利用ができます。

取引口座については別の記事で解説をしているのでご覧ください。

口座開設は最短でどれくらいでできる?

口座開設にかかる時間ですが最短で2営業日とのことでした。

ただし、これは書類に不備がない前提なので実際はもう少し時間がかかると思います。

書類の数が多いので準備が大変ですね。

まとめ

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)では個人口座と同じ条件で口座開設が可能です。

レバレッジ規制も受けにくい口座なので、他の業者で口座開設が難航しているならAnzo Capital(アンゾーキャピタル)での口座開設も視野にいれてみてはいかがでしょうか?

↑こちらから口座開設してくれると嬉しいです。

 

  • Anzo Capital(アンゾーキャピタル)での法人口座開設はどうやるんだろう?

→申し込みフォームはないのでカスタマーにメールで申請します。

  • 法人口座を開設するのに必要な書類はなんだろう?

→引用したとおりです。7種類ほどの書類を準備する必要があります。

  • 法人口座開設をするのにどれくらい時間がかかるのだろう?

→最短で2営業日です。不備のある場合はもう少しかかります。

 

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました