Anzo Capital(アンゾーキャピタル)のメリット・デメリットについて徹底解説します。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)

こんにちは、オオカミです。

本日はいくども記事にて紹介をしてきたAnzo Capital(アンゾーキャピタル)のメリット・デメリットについて徹底解説をしていきたいと思います。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)は2018年より日本語対応を開始した海外FX業者です。

日本での知名度は低いですが、ハイスペックな業者なので是非参考にしてみてください。

会社の概要

名称

Anzo Capital Limited (アンゾーキャピタル)

金融ライセンス

ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC / 60/482 / TS / 19

住所

1 Mapp Street, Belize City, Belize C.A

問い合わせ先

国際電話 +61-3-9088-8348
Eメール jp.support@anzocapital.com

 

メリット・デメリットについて解説します。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)のメリット

金融ライセンスを保有しており、公式サイトで不可解な点がなく信頼できる

Azno Capital(アンゾーキャピタル)はベリーズの金融ライセンスを保有しています。

そのためFX業者としての信頼は最低限保証されています。

金融ライセンスは公式サイトで確認することもできます。

また、公式サイトのドメインやアクセス解析から不審な点はありませんでした。

こちらを参照してください。

FX業者として不可解な点がないので、安心して取引を行うことができます。

レバレッジ規制になりにくく、多くの資金でハイレバレッジ取引が可能

Anzo Capital  (アンゾーキャピタル)の最大のレバレッジは500倍です。

XMの888倍やGemforexの1,000倍と比べると少し見劣りするかもしれません。

しかし、Anzo Capital  (アンゾーキャピタル)はレバレッジ規制がかかりにくい業者です。

日本円で1,000万円まではレバレッジ規制がありません。

こちらの記事でレバレッジ規制を比較しましたので参考にしてください。

他のFX業者では200万円でレバレッジ規制がかかる場合が多いですが、Anzo Capital  (アンゾーキャピタル)は1,000万円までレバレッジ規制がありません。

多額な資金でハイレバレッジ取引を行いたい方にはおすすめの業者です。

スプレッドの狭いRAW口座で取引が可能

取引口座についてです。

口座はスタンダード口座とRAW口座の二種類があります。

RAW口座ではかなり有利な条件で取引を行うことができます。

USD/JPYで約1pips,EUR/USDで約1.2pipisで取引が可能です。(手数料込み)

RAW口座では目立ったデメリットがないので、有利な取引が可能です。

詳しくはこちらを参照してください。

入金方法が国内銀行振り込みに対応している

Azno Capital(アンゾーキャピタル)ではデジタルウオレット、国内銀行振り込みなど数種類の入金方法があります。

通常の海外FX業者では海外送金で入金を行うのが種類です。

一方Azno Capital(アンゾーキャピタル)では国内銀行振り込みに対応しています。

振込先は決済代行会社なので安心できます。

海外送金は高コストで時間がかかり敬遠されがちですが、国内銀行なら抵抗なく手続きできますね。

bitwalletで出金が可能

出金に関してはbitwalletで可能です。

国内銀行に関しては出金対応をしていませんが、bitwalletを利用すれば問題なく利用できますね。

他のFX業者もbitwalletを採用しているので、汎用性が非常に高いです。

FXに関する情報が多彩

Anzo Capital  (アンゾーキャピタル)ではFXに関するサポート情報が非常に豊富です。

FXビギナーズガイドはとても参考になります。

FXの基礎に関してはほぼこちらで網羅できるといっても過言ではありません。

内容に関してはこちらを参照してください。

ビギナーズガイド以外にも

  • デイリーレポート
  • 経済指標カレンダー
  • FX計算ツール

など取引をするにあたってとても参考になる情報が多いです。

こちらは口座開設不要で見ることができるので、FXに興味がある方は一度ご覧ください。

ゼロカットシステムに対応しておりNDD対応

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)ではゼロカットシステムを採用しています。

500倍のハイレバで追証を請求されたらとんでもないことになりますね笑

海外のFX業者はゼロカットシステムを採用していて、追証の請求の心配がないので安心して取引できます。

一方、国内のFX業者はフラッシュ・クラッシュで追証が発生して大変な事になっていましたね。

国内は法律上できないようです。損失の補填になってしまうからですね。

ロスカットレベルは20%に設定されおり、かなり低いほうです。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)ではNDD方式を採用しており、いわゆるノミ行為を行っておりません。

悪質なストップ狩りや約定拒否の心配はありません。

ネット上でも報告がないので、安心して公平な取引に参加することができます。

法人口座の開設が可能である

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)では法人口座の開設が可能です。

書類が完璧なら2営業日で開設が可能です。

他のFX業者で法人口座が開設できず諦めていた人は一度トライしてみてはいかがでしょうか?

条件を満たせばVPSを無料で利用することができる

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)では条件を満たせばVPSを無料で利用することができます。

条件としては1日平均残高がUSD$5,000以上で、1ヶ月あたり5ロット以上の取引です。

興味のある方はこちらを参照してください。

取引禁止事項が少ない

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)では取引禁止事項が少ないです。

取引禁止事項としては複数口座での両建てとアービトラージです。

ゼロカットの悪用は禁止されています。

その他指標トレードや窓開けトレードに関しては禁止されていません。

そこまで多く取引禁止事項がないので、今のFX業者に不満がある人は口座開設を検討してみてはいかがでしょうか?

口座開設はこちらから

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)のデメリット

運営歴が短く、実績が浅い

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)は2018年に日本語対応を行い、営業は2016年より開始しています。

FX業者としては新興海外FXブローカーに分類されます。

そのため、利用者が少なく実績が乏しいというデメリットがあります。

出金拒否やストップ狩り等悪質な噂はありませんが、今後も報告されないという保証はありません。

実績が浅いので、今後の運営に注目していきましょう。

入金ボーナスがそこまで豪華ではない

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)ではノーデポジットボーナスはありません。

また、ボーナスとしては5,000円相当のボーナスのみで入金ボーナスの充実度は低いです。

ボーナスとしては2種類あります。

  1. 50$(5,000円)キャッシュバックキャンペーン
  2. 友達を紹介して50$(5,000円)キャッシュバックキャンペーン(友達紹介ボーナス)

この二種類のボーナスは併用ができません。

他の業者と比較するとボーナスは見劣りしてしまいます

クレジットカードに対応をしていない

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)ではクレジットカードの入金には対応していません。

10/17よりクレジットカードでの入金に対応しました。

ブランドごとに限度額が決まっていますが、クレジットカードで入金できるので使いやすさが抜群に良くなりました。

クレジットカードだとポイントがついたり、支払いが後だったりとメリットが多いですが、残念ながら利用できません。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)はこんな人におすすめ!!

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)では、レバレッジ規制を受けにくい反面入金ボーナスが少ないというデメリットがあります。

ボーナスで餌をまいて入金を誘う業者ではなく、堅実な業者というイメージがあります。

そのためAnzo Capitalはこんな人におすすめです!!

  • 現在海外FXを利用していて、資金が多くレバレッジ規制を受けてしまっている人
  • 取引の際になるべくスプレッドが狭い口座で取引をしたい人
  • 入金ボーナスは気にせず、堅実な業者で安全に取引をしたい人
  • XMなど有名な業者を使っているが、サブ口座を確保したい人

 

口座開設はこちらから

 

最後までありがとうございました。

 

9/13追記

アンゾーキャピタルではUSD建ての口座も開設可能になりました!!

開設はカスタマーサポートに個別に連絡をする必要があります。

**MT4基本通貨はお問合せによりUSDでも開設可能です。 

こちらのサイトの一番下に記載があります。

アンゾーキャピタルの今後に期待です!!

10/21追記

クレジットカードに関する記述を修正。クレジットカード利用可能に。

 

 

コメント

  1. 初心者 より:

    ツイッターにAnzoが『いいね』したので検索したらOOKAMIさんを発見しました。他のブログには無い詳細な調査内容に興味深く読ませていただきました。
    個人的に気になるFXブローカーが『Tickmill』なんです。問い合わせしましたら、スタッフに女性の日本人が対応しているようで、とても親切に対応していただけました。でも、どうなんだろう?よろしければ記事にしていただけると助かります。

    • オオカミ オオカミ より:

      コメント頂きありがとうございます(•‿•)
      Tickmillに関してはあまり詳しくないので、一度調べて記事にしたいと思います。

      Tickmillに関して特に気になる点を教えて頂ければ、ご要望にお答えした詳細な記事が書けると思います。
      お時間あればよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました