BS Tradingについて徹底的に調べてみた!!

その他

こんにちは、オオカミです。

本日はBS Tradingについて徹底的に調べてみました。

  • BS Tradingは安心して取引ができる業者なんだろうか?
  • BS Tradingはしっかり金融ライセンスを保有しているのだろうか?

疑問

このような疑問にお答えしていこうと思います。

今回調べようと思ったキッカケは、以前知人からミラートレードを勧められBSTradingのリンクが送られてきたことです。

絶対怪しいと思ってミラートレードはやりませんでしたが、会社を調べるのはネタになると思い記事にしました。

BS Tradingとは?

BS TradingはFXのブローカーです。

以前ミラートレード行うときにBS Tradingで口座開設を要求する事があったようです。

ネット上でもあまり評判がよろしくありません。

ミラートレードをしようとした人くらいしか口座開設はしていないと思います。

BS Tradingの概要はこちらです。

会社名 BS Trading Ltd.
ライセンス National Futures Association
住所 Govant Building,BP 1276,Port Vila Vanuatu
レバレッジ 1:1 – 1:1000
取引会社 J.P Morgan, Goldman Sachs, Barclays 等
出金日数 3〜5営業日

こちらより引用

ひとつひとつ検証して行きたいと思います。

金融ライセンスは?

金融ライセンスに関しては公式ホームページ

全米先物協会(NFAID:0513667)及びバヌアツ共和国金融業協会登録(登録番号:40132)

このように記載があります。

アメリカとバヌアツでライセンスを保有しているようです。

BS Tradingではページの下の方にアメリカとカナダの居住者にはサービスは提供できないと記述があります、、

アメリカで金融ライセンスを持ちながらアメリカ人にサービスを提供できないのは謎ですね。

アメリカの意味あるのかな?

全米先物協会のライセンス

公式ホームページにアクセスします。

こちらのページから登録業者の検索ができるのでNFAID:0513667を調べます。

でできました!!

こちらのページです。

確かに登録はありましたが、FX会社の登録なのでしょうか?

• COMMODITY POOL OPERATOR

→略してCPO。商品ファンドの運用、または勧誘を行う個人または企業体などの組織のことをいいます。

参照

•  COMMODITY TRADING ADVISOR

→直訳すると商品投資顧問業者にあたるが、一般的にはヘッジファンドなど、商品先物のみではなく、通貨、株価指数先物など広範な金融商品に分散投資して、顧客から預かった金融資産を運用する企業や運用者を指す。

参照

どうやら顧客から資金を預かり運用するヘッジファンドのようですね。FX会社は取引所なので意味合いが異なる気がします。不自然ですね。

バヌアツのライセンス

次にバヌアツのライセンスを調べます。

バヌアツ共和国金融業協会のホームページはこちらです。

登録番号を調べてみましょう。

ありました。コチラのページです!!

状況としてはstrike offとなっていて、ライセンスは2月で削除されています。

そのためライセンスとしてはNFAのみになりますね。

そのため公式ホームページには誤りがあることになりますね。。。バヌアツの登録は削除されています。

公式ホームページではライセンスの記述に関して英語版と日本語で相違があります。。

後で修正してそのままにしたのでしょうか?

所在地は?

次に所在地を調べていきます。

Govant Building,BP 1276,Port Vila Vanuatuをグーグルマップに打ち込みます。

すると!!

AJC公認会計士が表示されました。

どこかで見たことがあると思ったらGemForexのバヌアツオフィスの住所と一致していますね。

このAJCは登記を行った会社だと推測されます。

住所を登記用に貸し出しをしていると思います。

その他気になる点

ログイン画面がない?

ホームページ上にログインの画面がありませんでした。

口座開設をしていないので、詳細はわかりませんが入出金等の操作はどうやるんでしょうか?

全てメールで取引するんでしょうか?

取引条件の書面が見当たらない

プライバシーポリシーや約款等が見つかりませんでした。

どこにあるんだろうか?

口座開設時に確認するのでしょうか?

ゼロカットはあるのかどうかわからない

追証に関する記述は見当たりませんでした。

マイナスになった際も含め、取引条件の書面がないと条件がわかりませんね。

全体的に情報が少ない

問い合わせフォームはありますが、メールアドレスの記述はなく電話番号も不明です。

入出金の手数料や取引条件等情報が少なく、不安になります。

他のFX業者と比較をすると情報のなさが際立ちます。

総括

BS Tradingの利用はあまりおすすめできません。

1.金融ライセンスが不完全だと思われる。

→バヌアツのライセンス取り消しになっているがHPには登録番号の記述あり。

 

2.プライバシーポリシー等セキュリテイーが不安

→プライバシーポリシーが見つからず、HP上でたまに保護されていない通信と表示されるので個人情報がしっかり管理されるのか不安です。

 

3.HPの作りが簡素で情報が少ない

→HPの作りが簡素で、取引条件など情報が全体的に少ないです。日本語と英語しかないのも不自然です。

 

以上3つの理由からBS Tradingの利用はあまりおすすめできません。

まとめ

  • BS Tradingは安心して取引ができる業者なんだろうか?

→ライセンスの削除やHP上の情報の少なさから安心できるとは言えません。

  • BS Tradingはしっかり金融ライセンスを保有しているのだろうか?

→バヌアツのライセンスは存在せず、NFAの登録はありました。ただし、NFAの登録はFXブローカーとしてなのかは疑問です。

 

最後までありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました